複製(Clone)を活用して効率よくコンテンツを作成する方法

複製(Clone)を活用して効率よくコンテンツを作成する方法

使い方 Mar 06, 2022

KAJABIでスクールを構築する際はProductsやOfferやFormsやオートメーションなど色々と作成設定する必要があります。

これらを毎回一から作成していると、時間がかかってしまうので、最初に作成したモノをClone(複製)しながら作成することで、同じ作業を省いて効率よく作成することができます。

今回はそんな「複製(Clone)」についてご紹介したいと思います。

複製(Clone)できる項目

KAJABIでは以下の項目をCloneすることができます。

  • Products
  • Offer
  • Pages (Landing)
  • Email(Email Broadcast、Email Sequenceの両方)
  • Email Template
  • Events

 

Productsの複製

Products(コース)は複製することが可能です。

Productsを複製するメリット

Productsを複製することで、既存のProductsをそのままコピーすることができます。特に、一度カスタマイズした日本語の部分を引き継いだ状態で複製することができるので、とても便利です。

[caption id="attachment_8887" align="alignnone" width="1002"] この部分も複製されるので、2講座目以降を作成する際は、複製が便利です。[/caption]

Productsを複製すると、以下の項目がコピーされます。

  • Products内のコンテンツ(POST)
  • Productsの「タイトル」「Product Thumbnail」「説明文」
  • 「Custominze」画面内の各設定(翻訳したテキスト、ヘッダーフッター設定などすべて)

Offerの複製

Offerも複製することが可能です。

複製した場合、基本的にすべての設定が引き継がれた状態でOfferが複製されますが、「Automation(オートメーション)」は複製時に引き継がれないので再度設定する必要があります。

※Offerの複製は以下の時などに便利です。

  • 同じ中身(Products)のオファーで、違う支払いプランのオファーを作成したい時
  • 同じ中身(Products)のオファーで、違うオートメーションのオファーを作成したい時

[mkb-related ids="6703,5716"]

Pages (Landing)の複製

Pages (Landing)の場合は「Duplicate」となっていますが、こちらも複製と同じ意味です。

Pagesを複製することで、丸々同じページを作成することができます。こちらもA/Bテストや同じようなページを作成したい時にとても便利です。

↓当然、2つのPagesのURLは異なるので、必要に応じてURLを変更いただくのが良いです。

Emailの複製

Emailを複製することで、各メールを一から作成する手間を省くことができて便利です。

ちなみに、送信後の「Email Broadcast(メルマガ)」も複製することができます。

↓また、Email Templateも複製することができるので、メルマガなどで決まった形のレイアウトがある場合は、こちらであらかじめ作成しておくと便利です。

[mkb-related ids="8703"]

Eventの複製

KAJABIのイベントも複製することができます。Eventsの画面に進み、複製アイコンをクリックします。イベントを複製することの一番のメリットは、「イベントメールを複製できる」という点です。

[caption id="attachment_8897" align="alignnone" width="1193"] 複製アイコン[/caption]

 

[caption id="attachment_8899" align="alignnone" width="1249"] リマインダーなどのイベントメールを複製できるので、便利です。[/caption]

[mkb-related ids="7353,6447"]

イベントを複製する際は、以下のように日程は再度設定する必要があります。

 

当サイト経由でKAJABIを登録すると、
無料で日本語ガイドサイトへのアクセス権をプレゼントしています!

KAJABIを使い始める